新加盟店

ミカエル

自己紹介

関連店舗

アトリエ ジェムカフェ

  • 店舗/発信者情報
  • お知らせ一覧
  • お得・クーポン情報

ミカエルさんの新着日記

2018/10/09 14:44:00
ブーケ トス ブロッコリー トス 新月に伝えたいこと
アトリエジェムカフェブライダル 

地元山形で15歳まで育った娘は
自分の人生を模索して私たちの元から離れました。
山形で実積を出していたので、地元進学校、私立高校
どちらからもオファーはありました、
私達の分身である存在の子供、家族、〝幸せになってもらいたい〟という
願いは当然なことです。

ただ、その時本人がどんな選択肢をするのか
そしてそのことを尊重できるかは
積み重ねてきた信頼度ということも関わっていると思います。

今回、
地元の娘の友人が結婚することで
娘が結婚式に招かれました。
娘は競技選手として外部で練習していたので
学校の部活にも所属出来なかったし、友人とコミュニティを作る機会も
あまりなかったと思います、

ただそのような状況を校長先生は認知していて、
応援をしてくれ、励ましの声かけをしてくれました。
校長先生のお子さんも同じように
県外の高校に出られたそうです。

アトリエジェムカフェブライダル 


クラス替えの時、自分のお気に入りの生徒だけを集めた
先生がいました、 その行為を少なからず知る人たちもいます。
生徒は見ています。感じていました。

娘を大切にしてくれた友達は
そちら側の人ではありませんでした。

娘が高校、大学と進学、成人を迎え地元へ帰るたびに
ウィンタースポーツを楽しんだり、温泉連れていってくれたり、
初詣連れていってくれたり…

彼等には感謝の限りです、
出来るだけのことをしたい、大切にしたい…
だから私はその思いを形にしていきたいと思いを募らせます。

そのKoukiくんとRioさんが私達達に〝結婚指輪〟と〝婚約指輪〟を
オーダーしてくれたのです。
(アトリエジェムカフェKoutaオリジナルデザイン、お2人のイメージとカウセリングより唯一無二の指輪を作りあげます)

アトリエジェムカフェブライダル 

アトリエジェムカフェブライダル 

娘を大切にしてくれて、私達家族が最も大切にしていることに対して
共感してくれる。
それは信頼関係から成り立っているようなものです。
私は2人に世界平和と愛を感じるクリスタルで
お揃いのクリスタルブレスレットをプレゼントしました。

アトリエジェムカフェブライダル 

生き方そのものは仕事に通じていて、
考え方は思想に繋がって行くと思います。

私が思う仕事の形は〝人のお役に立てられることが仕事となり、そこに喜びを感じ相手も自分も幸せになる〟こと。

中学生の時の女の先生は離婚をしていてそれを隠していました。
離婚には偏見はありませんが 先生と呼ばれる方が 発言していることに反している行為を示していたら、先生ではないですね、生徒も影響を受けますから。
本当に困ります…


花嫁のRioさんがブーケを投げて 娘がキャッチしました!

アトリエジェムカフェブライダル 

アトリエジェムカフェブライダル 

そして
花婿さんがブロッコリーを投げてキャッチしたのはかつて
 娘と一緒に保育園バスに乗っていったkouseiくんでした!

幸せの循環は幸せに伝わっていきます、
そうしてまだ力がなくて伝えきれない思いがパラレルし
晴れやかなステージで昇華する。

結婚式でダイヤモンドという 金剛石が贈られのは
それを持つに相応しい 心の美しさがあるからだと思います。

アトリエジェムカフェブライダル 

Koukiくん Rioさんのエタニティリングはエンドレスな結びを象徴したマリッジリングです。

大好きな友達の結婚式にお呼ばれした
娘が選んだワンピースに、彼女が持っていたネックレスをリメイクして
真珠(パール)の可愛らしい2連のネックレスを製作しました。
アトリエジェムカフェブライダル アトリエジェムカフェブライダル

そして喜びが二重三重になるように
私が愛用している真珠のロングネックレスをかけてあげました。

アトリエジェムカフェブライダル 

私に届いた写真の中に、懐かしい娘の友達のHimeちゃんが!
彼女も自分の人生を切り開いて生きる、
Himeちゃん、この場を借りて言うよ。
〝ありがとう、〟

大人になっていく大切な皆さんに
私が出来ること 嘘のない世の中にするために 嘘をつかない
で生きていくためにアトリエジェムカフェは開かれています。

それは
地球が育んだ宝石、そして植物のパワーに感謝しながら
ヒントをもらい創造力を糧にし喜びを分かち合う お店だからです。

アトリエジェムカフェブライダル 

山形市に移転してまもなく7歳の誕生日を迎えます。
ローズマリーの茂みに入ったら 見つけられなくなるほど成長しました。
たくさんの心在る方々が訪れる場所となりました。





元記事:http://tektek369.jp/blog-entry-359.html

ページトップへ