新加盟店

日記アーカイブズ

2010年10月一覧(26)

2010年09月一覧(5)

2010年11月一覧(20)

2010年12月一覧(23)


2011年01月一覧(27)

2011年02月一覧(24)

2011年03月一覧(30)

2011年04月一覧(29)

2011年05月一覧(25)

2011年06月一覧(21)

2011年07月一覧(24)

2011年08月一覧(30)

2011年09月一覧(18)

2011年10月一覧(25)

2011年11月一覧(24)

2011年12月一覧(27)


2012年01月一覧(29)

2012年02月一覧(27)

2012年03月一覧(27)

2012年04月一覧(27)

2012年05月一覧(28)

2012年06月一覧(30)

2012年07月一覧(29)

2012年08月一覧(29)

2012年09月一覧(28)

2012年10月一覧(29)

2012年11月一覧(28)

2012年12月一覧(31)


2013年01月一覧(28)

2013年02月一覧(26)

2013年03月一覧(23)

2013年04月一覧(26)

2013年05月一覧(25)

2013年06月一覧(28)

2013年07月一覧(26)

2013年08月一覧(23)

2013年09月一覧(26)

2013年10月一覧(27)

2013年11月一覧(25)

2013年12月一覧(24)


2014年01月一覧(25)

2014年02月一覧(22)

2014年03月一覧(24)

2014年04月一覧(27)

2014年05月一覧(24)

2014年06月一覧(24)

2014年07月一覧(26)

2014年08月一覧(26)

2014年09月一覧(22)

2014年10月一覧(22)

2014年11月一覧(23)

2014年12月一覧(27)


2015年01月一覧(23)

2015年02月一覧(21)

2015年03月一覧(26)

2015年04月一覧(22)

2015年05月一覧(20)

2015年06月一覧(23)

2015年07月一覧(20)

2015年08月一覧(19)

2015年09月一覧(17)

2015年10月一覧(17)

2015年11月一覧(20)

2015年12月一覧(18)


2016年01月一覧(22)

2016年02月一覧(25)

2016年03月一覧(24)

2016年04月一覧(29)

2016年05月一覧(30)

2016年06月一覧(27)

2016年07月一覧(28)

2016年08月一覧(29)

2016年09月一覧(27)

2016年10月一覧(30)

2016年11月一覧(26)

2016年12月一覧(27)


2017年01月一覧(28)

2017年02月一覧(24)

2017年03月一覧(28)

2017年04月一覧(28)

2017年05月一覧(29)

2017年06月一覧(28)

2017年07月一覧(29)

2017年08月一覧(28)

2017年09月一覧(27)

2017年10月一覧(27)

2017年11月一覧(27)

2017年12月一覧(29)


2018年01月一覧(30)

2018年02月一覧(27)

2018年03月一覧(30)

2018年04月一覧(29)

2018年05月一覧(24)

2018年06月一覧(27)

2018年07月一覧(31)

2018年08月一覧(27)

2018年09月一覧(28)

2018年10月一覧(29)

2018年11月一覧(27)

2018年12月一覧(11)


時森 ししん

自己紹介

関連店舗

MOVIE ON やまがた

  • 店舗/発信者情報
  • お知らせ一覧
  • お得・クーポン情報

時森 ししんさんの新着日記

2018/12/12 23:59:19
94歳の芸妓・小菊さんの斎藤茂吉文化賞受賞を祝う☆
12月11日(火)、山形グランドホテルにて、山形芸妓の小菊(本名・五十嵐菊子)さんの、斎藤茂吉文化賞受賞を祝う会が開催された。

各界各層の約200人の皆さんが参加して、吉村美栄子山形県知事、佐藤孝弘山形市長、鈴木隆一経済同友会代表幹事、清野伸昭山形商工会議所会頭、野々村政昭お弟子さん代表などが、小菊さんの功績を称えた。

平井康博山形県観光協会会長が記念品を贈呈し、寒河江浩二山形新聞社長が乾杯の音頭をとられた。

ほとんどの方が等しく、「生涯現役」「人生100年時代を体現している」「伝統文化の継承者」「シミがひとつもない肌」など、小菊さんへの暖かいメッセージを贈られていた。



謝辞の代わりに、小菊さんと、お孫さんの芸妓・菊弥さんは、皆様への感謝の思いを込めて、三味線を弾かれたのである。

三味線歴、80年。
その老練な技は、少しも衰えず、素晴らしい音色を放っていた。

菊弥の唄も魅力的であり、聞くたびに声に張りと艶が増している。

始まる前に、弦の音合せを周囲の人が時間をかけてしていたが、一本だけ音合せをせずに小菊さんに三味線を渡した…。

小菊さんは、軽く三味線を弾いた途端、その音があっていない弦を一瞬にして、ピタリと合わせた。

その対応力は、94歳とは思えない鮮やかなものであった。

継続は力なり。



小菊さんは、大正13年に松山町に生まれ、山形で置屋をしていた姉に憧れ、13歳で庄内から山形に来て、この世界に飛び込んだのである。

「綺麗な着物が着られる」「三味線が弾ける」という子ども心があったとのこと。


16歳で芸妓になる。
若い頃は、引っ張りだこで、一晩で6つのお座敷を掛け持つくらいの人気を博していたという。



会場には、多くのお弟子さんもいるし、多くのお座敷のお客さんさんもいる。


だから、盛り上がらないわけがない。



小菊さんの手を引き、各テーブルを回られていたのが井上弓子さん。

菊弥さんが、ステージの準備で外された時、井上さんが、そばに添われていたのだ。

清野伸昭さんと、鈴木隆一さん。

菊弥さん曰く、「今日は回れないから」と小菊さんはおっしゃっていたとか…。

しかし、祝宴が始まったら、ほとんどの席を回られていた。

染み付いた「人をもてなす気持ち」が、ご自身を突き動かしていられたと思う。



山形舞妓の総上げは、やはり見事であった。

華やかで、とても見応えがあるのだ。

山形の伝統文化の火種が、多くの人の「繋ぐ力」で、ここまで花開いたのだと、感無量になる。



その立役者の、料亭・料理店の皆さん。

四山楼、千歳館、亀松閣の女将さん達。
山形田の鹿野さん、酒菜一の酒井くん。
香味庵の新関さん、嘯月の史人くん、あげつまのご夫妻もいらした。



(小菊さん、菊弥さんと)
自分の父の世代も、大変お世話になったと思う。


80年もの間、お座敷という本音が出る場所で、戦前、戦中、戦後、現在の日本に至るまで、実に多くの男達の、死生観や生き様などを見られてきたのだと思う。


来年は、平成から新しい元号へと変わる。

大正、昭和、平成、そして新しい時代を、しっかり生き抜いて欲しいと、心からエールを送るのである。


元記事:https://ameblo.jp/stokimori/entry-12425539383.html

ページトップへ