新加盟店

日記アーカイブズ

2010年10月一覧(26)

2010年09月一覧(5)

2010年11月一覧(20)

2010年12月一覧(23)


2011年01月一覧(27)

2011年02月一覧(24)

2011年03月一覧(30)

2011年04月一覧(29)

2011年05月一覧(25)

2011年06月一覧(21)

2011年07月一覧(24)

2011年08月一覧(30)

2011年09月一覧(18)

2011年10月一覧(25)

2011年11月一覧(24)

2011年12月一覧(27)


2012年01月一覧(29)

2012年02月一覧(27)

2012年03月一覧(27)

2012年04月一覧(27)

2012年05月一覧(28)

2012年06月一覧(30)

2012年07月一覧(29)

2012年08月一覧(29)

2012年09月一覧(28)

2012年10月一覧(29)

2012年11月一覧(28)

2012年12月一覧(31)


2013年01月一覧(28)

2013年02月一覧(26)

2013年03月一覧(23)

2013年04月一覧(26)

2013年05月一覧(25)

2013年06月一覧(28)

2013年07月一覧(26)

2013年08月一覧(23)

2013年09月一覧(26)

2013年10月一覧(27)

2013年11月一覧(25)

2013年12月一覧(24)


2014年01月一覧(25)

2014年02月一覧(22)

2014年03月一覧(24)

2014年04月一覧(27)

2014年05月一覧(24)

2014年06月一覧(24)

2014年07月一覧(26)

2014年08月一覧(26)

2014年09月一覧(22)

2014年10月一覧(22)

2014年11月一覧(23)

2014年12月一覧(27)


2015年01月一覧(23)

2015年02月一覧(21)

2015年03月一覧(26)

2015年04月一覧(22)

2015年05月一覧(20)

2015年06月一覧(23)

2015年07月一覧(20)

2015年08月一覧(19)

2015年09月一覧(17)

2015年10月一覧(17)

2015年11月一覧(20)

2015年12月一覧(18)


2016年01月一覧(22)

2016年02月一覧(25)

2016年03月一覧(24)

2016年04月一覧(29)

2016年05月一覧(30)

2016年06月一覧(27)

2016年07月一覧(28)

2016年08月一覧(29)

2016年09月一覧(27)

2016年10月一覧(30)

2016年11月一覧(26)

2016年12月一覧(27)


2017年01月一覧(28)

2017年02月一覧(24)

2017年03月一覧(28)

2017年04月一覧(28)

2017年05月一覧(29)

2017年06月一覧(28)

2017年07月一覧(29)

2017年08月一覧(28)

2017年09月一覧(27)

2017年10月一覧(27)

2017年11月一覧(27)

2017年12月一覧(29)


2018年01月一覧(30)

2018年02月一覧(27)

2018年03月一覧(30)

2018年04月一覧(29)

2018年05月一覧(24)

2018年06月一覧(27)

2018年07月一覧(31)

2018年08月一覧(27)

2018年09月一覧(28)

2018年10月一覧(28)

2018年11月一覧(27)

2018年12月一覧(23)


2019年01月一覧(26)

2019年02月一覧(14)


時森 ししん

自己紹介

関連店舗

MOVIE ON やまがた

  • 店舗/発信者情報
  • お知らせ一覧
  • お得・クーポン情報

時森 ししんさんの新着日記

2019/02/17 23:28:25
三上博史さんと宅間孝行さんの夢の共演…in ムービーオンやまがた
2月16日(土)、ムービーオンやまがたにて、宅間孝行監督作品「LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て」の舞台挨拶と teach-in が行われた。



前回の映画「あいあい傘」に続いての、練りに練りこんだ書き下ろしの監督作品であり、主演の三上博史と宅間孝行の夢の共演が実現したのである。



会場には、多くの方々が集まりほぼ満席状態。

新潟県や福島県から、「この映画が地元でやっていないので観に来た!」「ナマの三上博史さんの話が聴きたい!」「宅間孝行さんのファン」などと、県内外から集まってくれた。



三上博史さんにとっては、14年ぶりの主演映画であり、「この映画の本を読んで、出たいと思った!」と話す。

山形県に来たのが、新庄市に約40年前に来たとのこと。

「今回の映画は、とても意味がある映画であり、カメラがそこに在り、役者が演技する。その緊張感と面白みがあった現場だった。」と話す。



宅間監督は、昨年の11月に、山形で公開した映画「あいあい傘」とはまるでテイストが違う映画であり、カット割りをせずに1つのカメラで長回しをする手法は、ある意味「バード」的でもあるが、もっと仕掛けや作り物を入れていると話す。

映画のストーリーも、会話の中に真実が隠されており、謎解きに近いものがある。

タイトルの中の「涯て」など、言葉1つに意味があった。



teach-inでは、映画に対する意見や疑問点が数多く出た。

会場に来られた方は、とてもトクをされたと思う。

質問に、ほとんど答えてくれたお二人に感謝である。



途中、フォトセッションの時間を作っていただき、トレンディドラマを席巻した三上博史さんを、ほとんどの方がスマートフォンに収めた。



三上さん達出演者は、2時間のぶっつけ本番状態の撮影の中で、セリフを記憶することが大変だったとのこと。
折しも、三上さんは、BSテレビの連ドラの最終回と同時に、この映画のリハーサルが始まったそうである。

波岡一喜さん、酒井若菜さんなど、皆さんが本物の役者で、とても楽しかった現場だったとのこと。

宅間孝行監督も、撮影しながら、様々なアイデアや仕込みを考えついたり、みんなで考えたりした映画であり、演じたのは「劇団ラブホテル」みたいなもので、素晴らしいキャストだったと話していた。



2人の舞台挨拶と teach-inが終わり、その後夕食、そして二次会となったが、夜中まで、この映画の仕掛けや謎について話し合った。

また、三上博史という人間の、職人気質というか、ものづくりや役者としてのこだわりを聞き、ストイックに贅肉を削ぎ落としている人間だと感じた。

そこに、彼のアイディンティティと魅力がある。

自分にとっては、カルチャーショックだった、三上さん主演の映画「スワロウテイル」の岩井俊二監督、行定勲助監督についても話が及んだ。


三上さんと自分は同じ世代。
「あと15年は頑張りたい!」と、舞台挨拶で話されていた。
55歳を超えたあたりから思う人生観。
最後は、それぞれのフィロソフィーや信条ナドナド。

久しぶりに、夜中まで人生を語った夜となったのである。

この映画は、ある意味、これまでの映画に一石を投じたような感じがした。

是非、ご覧いただきたい。


元記事:https://ameblo.jp/stokimori/entry-12440865648.html

ページトップへ