新加盟店

日記アーカイブズ

2010年10月一覧(26)

2010年09月一覧(5)

2010年11月一覧(20)

2010年12月一覧(23)


2011年01月一覧(27)

2011年02月一覧(24)

2011年03月一覧(30)

2011年04月一覧(29)

2011年05月一覧(25)

2011年06月一覧(21)

2011年07月一覧(24)

2011年08月一覧(30)

2011年09月一覧(18)

2011年10月一覧(25)

2011年11月一覧(24)

2011年12月一覧(27)


2012年01月一覧(29)

2012年02月一覧(27)

2012年03月一覧(27)

2012年04月一覧(27)

2012年05月一覧(28)

2012年06月一覧(30)

2012年07月一覧(29)

2012年08月一覧(29)

2012年09月一覧(28)

2012年10月一覧(29)

2012年11月一覧(28)

2012年12月一覧(31)


2013年01月一覧(28)

2013年02月一覧(26)

2013年03月一覧(23)

2013年04月一覧(26)

2013年05月一覧(25)

2013年06月一覧(28)

2013年07月一覧(26)

2013年08月一覧(23)

2013年09月一覧(26)

2013年10月一覧(27)

2013年11月一覧(25)

2013年12月一覧(24)


2014年01月一覧(25)

2014年02月一覧(22)

2014年03月一覧(24)

2014年04月一覧(27)

2014年05月一覧(24)

2014年06月一覧(24)

2014年07月一覧(26)

2014年08月一覧(26)

2014年09月一覧(22)

2014年10月一覧(22)

2014年11月一覧(23)

2014年12月一覧(27)


2015年01月一覧(23)

2015年02月一覧(21)

2015年03月一覧(26)

2015年04月一覧(22)

2015年05月一覧(20)

2015年06月一覧(23)

2015年07月一覧(20)

2015年08月一覧(19)

2015年09月一覧(17)

2015年10月一覧(17)

2015年11月一覧(20)

2015年12月一覧(18)


2016年01月一覧(22)

2016年02月一覧(25)

2016年03月一覧(24)

2016年04月一覧(29)

2016年05月一覧(30)

2016年06月一覧(27)

2016年07月一覧(28)

2016年08月一覧(29)

2016年09月一覧(27)

2016年10月一覧(30)

2016年11月一覧(26)

2016年12月一覧(27)


2017年01月一覧(28)

2017年02月一覧(24)

2017年03月一覧(28)

2017年04月一覧(28)

2017年05月一覧(29)

2017年06月一覧(28)

2017年07月一覧(29)

2017年08月一覧(28)

2017年09月一覧(27)

2017年10月一覧(27)

2017年11月一覧(27)

2017年12月一覧(29)


2018年01月一覧(30)

2018年02月一覧(27)

2018年03月一覧(30)

2018年04月一覧(29)

2018年05月一覧(20)


時森 ししん

自己紹介

関連店舗

MOVIE ON やまがた

  • 店舗/発信者情報
  • お知らせ一覧
  • お得・クーポン情報

時森 ししんさんの新着日記

2018/02/12 00:56:39
映画「 祈りの幕が下りる時」は、ドラマ「半沢直樹」「陸王」の福沢作品。

今、1番面白い日本映画をひとつ挙げるなら、「祈りの幕が下がる時」である。

原作は東野圭吾氏。



{E732079D-B23C-4B7B-8314-590DCE62E64A}
松嶋菜々子さんの良さが、様々な場面に出ていて、演じ方が流石だなと感じた。



{692F641C-A459-40F2-9CC7-C2C36012D495}
そして、阿部寛氏のはまり役の加賀恭一郎。
この2人の人間ドラマが交差する。



{0648389F-75BA-43BF-954E-BA55F80E0BFE}
今があるなら、そこに辿り着くプロセス、人間のヒストリーがある。

その辺の描き方が素晴らしく、構成の素晴らしさはもちろん、カット割りのセンスや世界観の広げ方が上手い。

福澤克雄監督。
「3年B組金八先生」「半沢直樹」「下町ロケット」「陸王」など、良質なドラマの No.1ディレクターである。
そして、ヒットメーカーでもある。

自分が始めてお会いしたのは、「私は貝になりたい」のキャンペーンで、ムービーオンに当時のSMAPの中居正広さんと一緒に来られた時。

身体が大きい方で、TBSの部長さんだった。
福沢諭吉先生の孫かひ孫とおっしゃっていた。



{BD7F88CD-9C12-4D61-B5EC-7344C92738E5}
{74D4859B-996E-4D1D-95F7-6743B604568C}
{13543B21-31F8-477A-A40A-E50F18047C31}
本筋に、2人の人間を置く。

その背景描写は素晴らしい。



{2EA0B77E-4255-4E31-8518-235066AC6EE4}
溝端順平氏は、とてもいい味を出していた。


{A8C18D4E-4F61-4452-982A-187AA24CF760}
田中麗奈さんも、相変わらず存在感があった。


{F534620B-8FEE-45BB-BEF1-6E3017405DEF}
{9B8D7B12-7165-4B67-A8A8-763D090BE953}
{073FC2CA-6E0E-4339-8057-6103F2DEBAC2}
{E25F905A-ED0D-40B3-B7CA-3DFA0B8C1C02}
目に見える現実の事件。
しかし、その裏にある本質…つまり、過去が作り成す人格や性格。



{4C422D9F-DB81-4437-BFA0-6BC86470CC16}
主人公の刑事、加賀恭一郎は、全ての点を繋げていく。

それも、素晴らしい洞察力で…。



{91C2A6E6-A278-467A-83AB-CE2E063F2CEA}
寒く厳しい冬だからこそ、映画鑑賞にはピッタリの日々が続く。

映画を観に行くなら、このとっても面白い映画「祈りの幕が下りる時」を、是非、選択してほしい!




元記事:https://ameblo.jp/stokimori/entry-12351923729.html

ページトップへ