新加盟店

日記アーカイブズ

2010年10月一覧(26)

2010年09月一覧(5)

2010年11月一覧(20)

2010年12月一覧(23)


2011年01月一覧(27)

2011年02月一覧(24)

2011年03月一覧(30)

2011年04月一覧(29)

2011年05月一覧(25)

2011年06月一覧(21)

2011年07月一覧(24)

2011年08月一覧(30)

2011年09月一覧(18)

2011年10月一覧(25)

2011年11月一覧(24)

2011年12月一覧(27)


2012年01月一覧(29)

2012年02月一覧(27)

2012年03月一覧(27)

2012年04月一覧(27)

2012年05月一覧(28)

2012年06月一覧(30)

2012年07月一覧(29)

2012年08月一覧(29)

2012年09月一覧(28)

2012年10月一覧(29)

2012年11月一覧(28)

2012年12月一覧(31)


2013年01月一覧(28)

2013年02月一覧(26)

2013年03月一覧(23)

2013年04月一覧(26)

2013年05月一覧(25)

2013年06月一覧(28)

2013年07月一覧(26)

2013年08月一覧(23)

2013年09月一覧(26)

2013年10月一覧(27)

2013年11月一覧(25)

2013年12月一覧(24)


2014年01月一覧(25)

2014年02月一覧(22)

2014年03月一覧(24)

2014年04月一覧(27)

2014年05月一覧(24)

2014年06月一覧(24)

2014年07月一覧(26)

2014年08月一覧(26)

2014年09月一覧(22)

2014年10月一覧(22)

2014年11月一覧(23)

2014年12月一覧(27)


2015年01月一覧(23)

2015年02月一覧(21)

2015年03月一覧(26)

2015年04月一覧(22)

2015年05月一覧(20)

2015年06月一覧(23)

2015年07月一覧(20)

2015年08月一覧(19)

2015年09月一覧(17)

2015年10月一覧(17)

2015年11月一覧(20)

2015年12月一覧(18)


2016年01月一覧(22)

2016年02月一覧(25)

2016年03月一覧(24)

2016年04月一覧(29)

2016年05月一覧(30)

2016年06月一覧(27)

2016年07月一覧(28)

2016年08月一覧(29)

2016年09月一覧(27)

2016年10月一覧(30)

2016年11月一覧(26)

2016年12月一覧(27)


2017年01月一覧(28)

2017年02月一覧(24)

2017年03月一覧(28)

2017年04月一覧(28)

2017年05月一覧(29)

2017年06月一覧(28)

2017年07月一覧(29)

2017年08月一覧(28)

2017年09月一覧(27)

2017年10月一覧(27)

2017年11月一覧(27)

2017年12月一覧(29)


2018年01月一覧(30)

2018年02月一覧(27)

2018年03月一覧(30)

2018年04月一覧(29)

2018年05月一覧(24)

2018年06月一覧(27)

2018年07月一覧(31)

2018年08月一覧(27)

2018年09月一覧(28)

2018年10月一覧(16)


時森 ししん

自己紹介

関連店舗

MOVIE ON やまがた

  • 店舗/発信者情報
  • お知らせ一覧
  • お得・クーポン情報

時森 ししんさんの新着日記

2018/05/13 23:21:33
今シーズンを振り返り、来シーズンに想いを馳せる!

様々なメディアで、パスラボ山形ワイヴァンズ関係の記事が、5月6日(日)の最終戦以降、取り上げられている。

ありがたいことであり、山形県民の皆さんから、少しでも多くの関心を持ってもらえれば幸いである。



パスラボの社長ということもあり、自分もこの一週間は、多くのことを聞かれた。



コーチ陣や選手たちも、多くのことを聞かれている。

選手たちの場合は、やはりバスケットボールのプレーヤーだから、当事者意識が的を得ており実感が伝わる。



自分の場合は、バスケットプレイヤーではないので、会社経営と、ヘッドコーチの招聘、さらには選手の雇用条件、会社の哲学…フィロソフィーなどは、実感を持って話せる。

まだまだ4年目の会社であり、全国と比べると、まだまだ足りないことばかりなのだが、毎年、急激に売り上げを伸ばし、必死に働いている役職員の仕事ぶりは、日本一頑張っていると心から思う。

さらに、バスケットのスクールや、チアアカデミーなどの、将来のプロバスケット選手やチアリーダーを目指す子ども達の事も、「育成」と「普及」いう視点で考えなければならない。

そして、何よりも、魅力があるチームであり続けること、働きがいがある会社であり続けることが、とても重要である。

また、株主はもちろんのこと、ファンクラブやブースター、そしてスポンサーと一体感を持った経営をしなければならない。



考えれば考えるほど、頭の中は、悩み多いことばかり…。

しかし、今、1番ホットな話題で、実際に向き合わなければいけないことは、選手の契約更改の話し合いと、全国からの選手のリクルート活動である。

Bリーグの場合は、原則で、試合後1週間以内に、選手契約の継続か、自由契約選手への道か…の2つに絞られる。

ゆっくり考えている暇もなく、次の人生を決めなければならない。

時間が限られているから、100パーセントでなくとも、どちらに進むか決めなければならない。

クラブのフロント側も、選手側も、刹那的であり心がざわつく時期である。


また、ヘッドコーチ人事も同様である。
現職Bリーグコーチの方、海外のコーチの方など、ちゃんとご本人と、GMは話したようであるが、自分も近々話したいと思う。

ダイバーシティメディア(旧ケーブルテレビ山形)とムービーオンの設立と経営。
山形国際ムービーフェスティバルの開催。
東北ケーブルテレビネットワーク、バーチャルシティやまがたの設立と経営。
岩手ケーブルテレビジョンの経営支援。
そして、モンテディオ山形の株式会社化。
東海大学山形高校の新校舎改築。

30歳の時から、毎日が文化祭であり、毎日が悩みの中にあり、毎日が物語を書き演じているような気がする。

しかし、今回のパスラボ山形ワイヴァンズの場合は、4年目なのに、まだ全体のハンドリングができないのが実際の感覚。
だから、必死でやるが、それが正しいか間違いか、まだまだ答えがわからない。


仙台の社長や、岩手の社長は交代した。
社長が大手企業にオーナー権を渡した会社も多い。

急成長しているからか、急激に変化しているプロバスケットボール界。


バスケットボールは、地方と中央の違い、中小企業と大企業の違いがそのまま反映するスポーツにはしたくない。
傾向としては、中央の大手企業に流れが行っている。
地方系では、千葉ジェッツが健闘しているが…。


大企業や大都市圏の会社以外の、地方から優れたチームが生まれて欲しい。

何故なら、バスケットボールこそ、スラム街であっても、有名大学であっても、一流企業であっても、その文化的・歴史的な価値は同じなのだから…。

そんな、夢のような理屈と理想が、通るバスケット界にしたいものである。

その為には、やっぱり…チーム力だけではなく、企業力、集客力…「チカラ」だよな…と思いは尽きない。



元記事:https://ameblo.jp/stokimori/entry-12375767062.html

ページトップへ