新加盟店

日記アーカイブズ

2010年10月一覧(26)

2010年09月一覧(5)

2010年11月一覧(20)

2010年12月一覧(23)


2011年01月一覧(27)

2011年02月一覧(24)

2011年03月一覧(30)

2011年04月一覧(29)

2011年05月一覧(25)

2011年06月一覧(21)

2011年07月一覧(24)

2011年08月一覧(30)

2011年09月一覧(18)

2011年10月一覧(25)

2011年11月一覧(24)

2011年12月一覧(27)


2012年01月一覧(29)

2012年02月一覧(27)

2012年03月一覧(27)

2012年04月一覧(27)

2012年05月一覧(28)

2012年06月一覧(30)

2012年07月一覧(29)

2012年08月一覧(29)

2012年09月一覧(28)

2012年10月一覧(29)

2012年11月一覧(28)

2012年12月一覧(31)


2013年01月一覧(28)

2013年02月一覧(26)

2013年03月一覧(23)

2013年04月一覧(26)

2013年05月一覧(25)

2013年06月一覧(28)

2013年07月一覧(26)

2013年08月一覧(23)

2013年09月一覧(26)

2013年10月一覧(27)

2013年11月一覧(25)

2013年12月一覧(24)


2014年01月一覧(25)

2014年02月一覧(22)

2014年03月一覧(24)

2014年04月一覧(27)

2014年05月一覧(24)

2014年06月一覧(24)

2014年07月一覧(26)

2014年08月一覧(26)

2014年09月一覧(22)

2014年10月一覧(22)

2014年11月一覧(23)

2014年12月一覧(27)


2015年01月一覧(23)

2015年02月一覧(21)

2015年03月一覧(26)

2015年04月一覧(22)

2015年05月一覧(20)

2015年06月一覧(23)

2015年07月一覧(20)

2015年08月一覧(19)

2015年09月一覧(17)

2015年10月一覧(17)

2015年11月一覧(20)

2015年12月一覧(18)


2016年01月一覧(22)

2016年02月一覧(25)

2016年03月一覧(24)

2016年04月一覧(29)

2016年05月一覧(30)

2016年06月一覧(27)

2016年07月一覧(28)

2016年08月一覧(29)

2016年09月一覧(27)

2016年10月一覧(30)

2016年11月一覧(26)

2016年12月一覧(27)


2017年01月一覧(28)

2017年02月一覧(24)

2017年03月一覧(28)

2017年04月一覧(28)

2017年05月一覧(29)

2017年06月一覧(28)

2017年07月一覧(29)

2017年08月一覧(28)

2017年09月一覧(27)

2017年10月一覧(27)

2017年11月一覧(27)

2017年12月一覧(29)


2018年01月一覧(30)

2018年02月一覧(27)

2018年03月一覧(30)

2018年04月一覧(29)

2018年05月一覧(21)


時森 ししん

自己紹介

関連店舗

MOVIE ON やまがた

  • 店舗/発信者情報
  • お知らせ一覧
  • お得・クーポン情報

時森 ししんさんの新着日記

2018/05/16 15:34:46
映画「孤狼の血」…こんなにもシリアスな男と女の物語は最近観たことがなかった。

1970年代、東映の代名詞ともなった、深作欣二監督の「仁義なき戦い」

アウトローを描いた東映は、男の持つ怒りや悲しみ、プライドや泥臭さを、「ヤクザ映画」として世の中に問いかけた。

これが見事に大ヒットしてシリーズ化される。



あれから40年が経ち、アウトローやヤクザ、血湧き肉踊るような男達の戦いを描く映画もドラマも、次第に社会からタブー視され、非日常の世界に追いやられていく。

テレビの刑事モノのドラマでも、殺人事件を起こしたり、銀行強盗を犯した犯人たちは、逃走する時に、車に乗り込むと、わざわざシートベルトをしてから走り出さなければならない。

くわえタバコや、タバコのポイ捨ても、今やテレビのドラマや映画でも、ほとんど見なくなった。

つまり、非日常、非リアルな世界が描かれる。

リアルの追求が、テレビやスクリーンから消えかかった今だからこそ、リアルでシリアスな男の意地とプライド、女の情愛と献身の熱量ある映像に価値があるし、観ている自分たちには、懐かしくも斬新に感じるのだ。



昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島県呉原市。

巨大暴力団組織・五十子会系の加古村組と、地場の暴力団・尾谷組の抗争が勃発。

役所広司演じる、マル暴のベテラン刑事の大上刑事と、松坂桃李演じる広島大学卒業のエリートの新人刑事・日岡が、共に奔走しながら、男同士の意地とプライドをかけた戦いに巻き込まれていく。



松坂桃李が演じるエリート刑事が、それまで持っていた「正義」の概念であったり、いわゆる「美辞麗句」が全く通用しない世界があること、それに立ち向かう武器とは何であるのか?
そんな事を、葛藤しながら自分のものとして成長していく姿が、とても面白い。

松坂桃李の渾身の一作である。



人気クラブ「梨子」の美人ママを演じるのが、真木よう子演じる高木里佳子。

呉原市の裏の世界を熟知し、大上刑事の理解者で同士のような仲である。



何のために暴力団と対峙しているのかを、取引やバーターをしながらも、その目的が何であるのかを、大上は語らない。



しかし、ある事件をきっかけに、松坂桃李演じる日岡刑事の中に、大上の男の熱き信念が手渡されていく。

全てを知った、松坂桃李演じる日岡刑事は…。



1つのシンボルは、このライター。
一匹の狼のデザイン。



白石和彌監督は言う。
暴れる役所広司と、それを引き継ぐ松坂桃李の、バディムービーになったことが、とても幸せであるとのこと。



この極道達の物語、熱き男達の戦いの物語を書いたのが、原作者・柚月裕子さんである。

とても以外であったが、ある意味素晴らしい偉業を成し遂げたと思う。

彼女は、山形県在住である。
以前は、山形新聞にコラムを連載していた。

次回作「狂犬の眼」。
「暴虎の牙」も新聞連載が始まっている。



柚月さんには、人間の心に宿っている、野生の獣の本性を、しっかり捉える力があるのだろう。



自分の二人の友人がプロデューサーをしている。

紀伊宗之氏は、絶対に東映で映画化しなければと直感的に思ったそうだ。

天野和人氏は、全員が振り切って仕掛ける…圧倒的なクォリティで。

そんな、関係が深い作品。



ダイバーシティメディアも製作委員会に入っている。
自分も製作に名を連ねている。



今週の土曜日の夕方、真木よう子さん、白石和彌監督、柚月裕子さんが、ムービーオンやまがたに揃い踏みし、上映後舞台挨拶を行う。

チケットは、全席指定なので、お早目にお求めください。






元記事:https://ameblo.jp/stokimori/entry-12376157755.html

ページトップへ