新加盟店

日記アーカイブズ

2010年10月一覧(26)

2010年09月一覧(5)

2010年11月一覧(20)

2010年12月一覧(23)


2011年01月一覧(27)

2011年02月一覧(24)

2011年03月一覧(30)

2011年04月一覧(29)

2011年05月一覧(25)

2011年06月一覧(21)

2011年07月一覧(24)

2011年08月一覧(30)

2011年09月一覧(18)

2011年10月一覧(25)

2011年11月一覧(24)

2011年12月一覧(27)


2012年01月一覧(29)

2012年02月一覧(27)

2012年03月一覧(27)

2012年04月一覧(27)

2012年05月一覧(28)

2012年06月一覧(30)

2012年07月一覧(29)

2012年08月一覧(29)

2012年09月一覧(28)

2012年10月一覧(29)

2012年11月一覧(28)

2012年12月一覧(31)


2013年01月一覧(28)

2013年02月一覧(26)

2013年03月一覧(23)

2013年04月一覧(26)

2013年05月一覧(25)

2013年06月一覧(28)

2013年07月一覧(26)

2013年08月一覧(23)

2013年09月一覧(26)

2013年10月一覧(27)

2013年11月一覧(25)

2013年12月一覧(24)


2014年01月一覧(25)

2014年02月一覧(22)

2014年03月一覧(24)

2014年04月一覧(27)

2014年05月一覧(24)

2014年06月一覧(24)

2014年07月一覧(26)

2014年08月一覧(26)

2014年09月一覧(22)

2014年10月一覧(22)

2014年11月一覧(23)

2014年12月一覧(27)


2015年01月一覧(23)

2015年02月一覧(21)

2015年03月一覧(26)

2015年04月一覧(22)

2015年05月一覧(20)

2015年06月一覧(23)

2015年07月一覧(20)

2015年08月一覧(19)

2015年09月一覧(17)

2015年10月一覧(17)

2015年11月一覧(20)

2015年12月一覧(18)


2016年01月一覧(22)

2016年02月一覧(25)

2016年03月一覧(24)

2016年04月一覧(29)

2016年05月一覧(30)

2016年06月一覧(27)

2016年07月一覧(28)

2016年08月一覧(29)

2016年09月一覧(27)

2016年10月一覧(30)

2016年11月一覧(26)

2016年12月一覧(27)


2017年01月一覧(28)

2017年02月一覧(24)

2017年03月一覧(28)

2017年04月一覧(28)

2017年05月一覧(29)

2017年06月一覧(28)

2017年07月一覧(29)

2017年08月一覧(28)

2017年09月一覧(27)

2017年10月一覧(27)

2017年11月一覧(27)

2017年12月一覧(29)


2018年01月一覧(30)

2018年02月一覧(27)

2018年03月一覧(30)

2018年04月一覧(29)

2018年05月一覧(24)

2018年06月一覧(27)

2018年07月一覧(31)

2018年08月一覧(27)

2018年09月一覧(20)


時森 ししん

自己紹介

関連店舗

MOVIE ON やまがた

  • 店舗/発信者情報
  • お知らせ一覧
  • お得・クーポン情報

時森 ししんさんの新着日記

2018/06/10 22:42:49
映画「終わった人」の「舘ひろし」に親近感を持つ観客☆
映画の上映中に、大きな笑い声のおばさん方は、時々いらっしゃるが、男性のおじさん方の大笑いが、シアター内に広がるのは、これまであまりなかった。

しかし、この映画「終わった人」は、壮年の男性の笑い声が絶えない映画であり、なんか嬉しくなるのだ。



主演は、自分が勝手に兄貴だと言っている「舘ひろし」さん。

天童の野口美樹さんの兄貴分。
野口美樹さんは、自分の姉貴分だから、舘さんは兄貴となると、前回「あぶない刑事」で山形入りした時、亀松閣での夕食の時にそんな話をした。

今回の舘さんの役は、「西部警察」や「あぶない刑事」シリーズで演じてきたスタイリッシュでハードボイルドな役柄とは180度違い、出世コースからから外れて、そのまま定年を迎えていく「情けない男」である。



「定年って生前葬だな…」
この衝撃的な書き出しで始まり、定年を迎えたエリートの悲哀を綴って大反響を呼んだ「終わった人」



大河ドラマ「毛利元就」や、NHK連続テレビ小説「ひらり」など、数々の脚本を手がけヒット作を世に出してきた内館牧子による、シニア世代に目を向け、シリアスかつユーモラスに描いた定年小説の待望の映画化である。



一流企業のエリート街道を歩んでいた舘ひろし演じる田代壮介は、同期のライバルに負けたことで出世コースから外れ、子会社に出向させられてしまう。
そのまま銀行に戻ることなく、ついに定年の日を迎えてしまった。



「やることがない…」
公園、図書館、スポーツジム、美容師の妻千草(黒木瞳)を迎えに行って愚痴をこぼす。



そんな夫から距離を置く、妻の千草。
「愚痴ばかり言っているあなたは嫌い!」



そんな、田代壮介にチャンスが。
東大出の銀行出身という肩書きに、IT企業の顧問のオファーがある。



妻から髪を染めてもらい、蘇る田代。
恋も始まる。

しかし、人生は中々思うように行かず、彼は生まれ故郷の岩手県盛岡市に帰る。
妻とは「卒婚」をして…。



彼を癒してくれたのは、故郷の仲間たち。
エリート意識が強かった田代。
そんな田代に、みんな歳を取り定年を迎える。
みんなの人生に、そんなに差はない。
そんな事に気づかされていく。



定年は大きな節目。

歳を取ることも、何かを失っていく。
加齢臭、髪が抜ける、腹が出る。
そんな肉体的老化に、社会的に「不用」と言い渡されるのが定年。

そんな精神的にも肉体的にも、大きな節目を、どう向き合い受け入れていくのか。

まだまだ、終わることができない男たちが、様々な努力と葛藤が、嫌味なく観客に伝わる。



「リング」で有名になった中田秀夫監督。

定年後の人生をどう生きるか…。
そこに力点を置いて撮りたかった映画です!
観ている人に、「あなたなら、どうしますか?」を問いかける映画ですから、考えて欲しいと言う中田監督。

布袋寅泰が作詞作曲した歌を、今井美樹が歌う。「あなたのままでいい」

とても素敵な歌が、エンディングを飾る。


まさに定年後こそ、クリエイティブな人生なのかな…一抹の寂しさを感じながら、そう思った映画である。


カッコいい舘ひろしの兄貴もいいが、今回の人間味の溢れる舘さんも、とても良かった。

是非、全世代の方々から観て欲しい!


元記事:https://ameblo.jp/stokimori/entry-12382784114.html

ページトップへ