新加盟店

日記アーカイブズ

2010年10月一覧(26)

2010年09月一覧(5)

2010年11月一覧(20)

2010年12月一覧(23)


2011年01月一覧(27)

2011年02月一覧(24)

2011年03月一覧(30)

2011年04月一覧(29)

2011年05月一覧(25)

2011年06月一覧(21)

2011年07月一覧(24)

2011年08月一覧(30)

2011年09月一覧(18)

2011年10月一覧(25)

2011年11月一覧(24)

2011年12月一覧(27)


2012年01月一覧(29)

2012年02月一覧(27)

2012年03月一覧(27)

2012年04月一覧(27)

2012年05月一覧(28)

2012年06月一覧(30)

2012年07月一覧(29)

2012年08月一覧(29)

2012年09月一覧(28)

2012年10月一覧(29)

2012年11月一覧(28)

2012年12月一覧(31)


2013年01月一覧(28)

2013年02月一覧(26)

2013年03月一覧(23)

2013年04月一覧(26)

2013年05月一覧(25)

2013年06月一覧(28)

2013年07月一覧(26)

2013年08月一覧(23)

2013年09月一覧(26)

2013年10月一覧(27)

2013年11月一覧(25)

2013年12月一覧(24)


2014年01月一覧(25)

2014年02月一覧(22)

2014年03月一覧(24)

2014年04月一覧(27)

2014年05月一覧(24)

2014年06月一覧(24)

2014年07月一覧(26)

2014年08月一覧(26)

2014年09月一覧(22)

2014年10月一覧(22)

2014年11月一覧(23)

2014年12月一覧(27)


2015年01月一覧(23)

2015年02月一覧(21)

2015年03月一覧(26)

2015年04月一覧(22)

2015年05月一覧(20)

2015年06月一覧(23)

2015年07月一覧(20)

2015年08月一覧(19)

2015年09月一覧(17)

2015年10月一覧(17)

2015年11月一覧(20)

2015年12月一覧(18)


2016年01月一覧(22)

2016年02月一覧(25)

2016年03月一覧(24)

2016年04月一覧(29)

2016年05月一覧(30)

2016年06月一覧(27)

2016年07月一覧(28)

2016年08月一覧(29)

2016年09月一覧(27)

2016年10月一覧(30)

2016年11月一覧(26)

2016年12月一覧(27)


2017年01月一覧(28)

2017年02月一覧(24)

2017年03月一覧(28)

2017年04月一覧(28)

2017年05月一覧(29)

2017年06月一覧(28)

2017年07月一覧(29)

2017年08月一覧(28)

2017年09月一覧(27)

2017年10月一覧(27)

2017年11月一覧(27)

2017年12月一覧(29)


2018年01月一覧(30)

2018年02月一覧(27)

2018年03月一覧(30)

2018年04月一覧(29)

2018年05月一覧(24)

2018年06月一覧(27)

2018年07月一覧(31)

2018年08月一覧(27)

2018年09月一覧(28)

2018年10月一覧(29)

2018年11月一覧(19)


時森 ししん

自己紹介

関連店舗

MOVIE ON やまがた

  • 店舗/発信者情報
  • お知らせ一覧
  • お得・クーポン情報

時森 ししんさんの新着日記

2018/11/06 13:35:14
アンダーグラフの「まだ見ぬ世界を映しながら」が1位 at USENヒットチャート☆
山形国際ムービーフェスティバルのテーマソングの製作を、アンダーグラフの真戸原君へ依頼したのは昨年の春。


アンダーグラフとの出会いは、2006年に彼等の楽曲「ユビサキから世界を」を基に、伊藤ちひろさんが脚本を書き、行定勲監督が作り上げた同名の映画「ユビサキから世界を」の撮影現場であった。

それ以降、アンダーグラフの真戸原くん、中原くん、谷口さんとは、事あるごとにお会いし、食事をしたり、語り合ったりしてきた。

そんな縁もあり、真戸原くんは、YMF山形国際ムービーフェスティバルに、最近でも連続で3年間、1人の観客として、「才能よ、雪に埋もれるな。」の旗の下に集った若きクリエイター達のコンペティションを、見守ってくれていたのであった。


昨年のYMF山形国際ムービーフェスティバルで、テーマソングの曲のイメージを披露していただいた。

そこから、生のオーケストラの演奏や、スタジオ収録、そしてミックス、編集の過程を経て、素晴らしい楽曲が完成した。

さらに、CDのカバーデザインや、プロモーション映像の制作などを経て、いよいよ11月9日(金)に全国販売される。



以下、ネットメディア「BARKS」に取り上げられた記事である。



「今年2018年でデビュー15周年を迎えるアンダーグラフの新曲「まだ見ぬ世界を映しながら」が、自主レーベル Acorn recordsから11月9日に発売される。
同曲がリリースに先駆け、『週間USEN HIT インディーズランキング』で1位を獲得したことがわかった。」



この楽曲は11月9日~11日に開催される<山形国際ムービーフェスティバル2018>の‬‪テーマソングとして、ボーカルの真戸原直人が書き下ろした若きクリエイター達への応援ソング。

ハンガリー・ブダペスト・オーケストラを起用し、壮大なアレンジと共に"埋もれるな才能よ 花はやがて咲くだろう"と力強いメッセージを奏でている。

現在公開されているMVにはオーケストラの演奏シーンに加え、ボーカル真戸原が、実際に山形の名所を訪れるシーンなども公開されている。‬

また、新曲への反響に伴う形で、デビュー曲「ツバサ」が14年の時を越え『iTunes 邦楽ランキング』79位(10/28)にチャートイン。アンダーグラフはファッションブランド『Vivienne Westwood』による環境問題にテーマを寄せた展示会<GET A LIFE!>でも、社会貢献活動を行うミュージシャンとして招待されている。

デビュー15周年に向け、アンダーグラフの活動に引き続き注目が集まる。」



https://youtu.be/HsjYdD48tdI



今日の11月6日は、秋田ケーブルテレビからキャンペーンをスタートさせる。
その後、岩手ケーブルテレビジョン。
両県では、FM秋田とFM岩手にも出演。

11月7日は、青森ケーブルテレビからFM青森と青森放送。
北上を経由して仙台入り。

11月8日は、仙台FMを中心としてキャンペーンを行う。
夜にFM山形と、ダイバーシティメディア。

11月9日は、山形新聞、YBCラジオ、ZERO 23。


そしてこの日、ムービーオンにて第14回山形国際ムービーフェスティバルが開催される。

アンダーグラフのライブは午後8時15分から。


初めて、完成された「まだ見ぬ世界を映しながら」を歌ってもらう。

是非、生アンダーグラフを見て欲しい☆






元記事:https://ameblo.jp/stokimori/entry-12416994328.html

ページトップへ