新加盟店

日記アーカイブズ

2010年10月一覧(26)

2010年09月一覧(5)

2010年11月一覧(20)

2010年12月一覧(23)


2011年01月一覧(27)

2011年02月一覧(24)

2011年03月一覧(30)

2011年04月一覧(29)

2011年05月一覧(25)

2011年06月一覧(21)

2011年07月一覧(24)

2011年08月一覧(30)

2011年09月一覧(18)

2011年10月一覧(25)

2011年11月一覧(24)

2011年12月一覧(27)


2012年01月一覧(29)

2012年02月一覧(27)

2012年03月一覧(27)

2012年04月一覧(27)

2012年05月一覧(28)

2012年06月一覧(30)

2012年07月一覧(29)

2012年08月一覧(29)

2012年09月一覧(28)

2012年10月一覧(29)

2012年11月一覧(28)

2012年12月一覧(31)


2013年01月一覧(28)

2013年02月一覧(26)

2013年03月一覧(23)

2013年04月一覧(26)

2013年05月一覧(25)

2013年06月一覧(28)

2013年07月一覧(26)

2013年08月一覧(23)

2013年09月一覧(26)

2013年10月一覧(27)

2013年11月一覧(25)

2013年12月一覧(24)


2014年01月一覧(25)

2014年02月一覧(22)

2014年03月一覧(24)

2014年04月一覧(27)

2014年05月一覧(24)

2014年06月一覧(24)

2014年07月一覧(26)

2014年08月一覧(26)

2014年09月一覧(22)

2014年10月一覧(22)

2014年11月一覧(23)

2014年12月一覧(27)


2015年01月一覧(23)

2015年02月一覧(21)

2015年03月一覧(26)

2015年04月一覧(22)

2015年05月一覧(20)

2015年06月一覧(23)

2015年07月一覧(20)

2015年08月一覧(19)

2015年09月一覧(17)

2015年10月一覧(17)

2015年11月一覧(20)

2015年12月一覧(18)


2016年01月一覧(22)

2016年02月一覧(25)

2016年03月一覧(24)

2016年04月一覧(29)

2016年05月一覧(30)

2016年06月一覧(27)

2016年07月一覧(28)

2016年08月一覧(29)

2016年09月一覧(27)

2016年10月一覧(30)

2016年11月一覧(26)

2016年12月一覧(27)


2017年01月一覧(28)

2017年02月一覧(24)

2017年03月一覧(28)

2017年04月一覧(28)

2017年05月一覧(29)

2017年06月一覧(28)

2017年07月一覧(29)

2017年08月一覧(28)

2017年09月一覧(27)

2017年10月一覧(27)

2017年11月一覧(27)

2017年12月一覧(29)


2018年01月一覧(30)

2018年02月一覧(27)

2018年03月一覧(30)

2018年04月一覧(29)

2018年05月一覧(24)

2018年06月一覧(27)

2018年07月一覧(31)

2018年08月一覧(27)

2018年09月一覧(28)

2018年10月一覧(28)

2018年11月一覧(27)

2018年12月一覧(23)


2019年01月一覧(26)

2019年02月一覧(23)

2019年03月一覧(20)

2019年04月一覧(24)

2019年05月一覧(15)


時森 ししん

自己紹介

関連店舗

MOVIE ON やまがた

  • 店舗/発信者情報
  • お知らせ一覧
  • お得・クーポン情報

時森 ししんさんの新着日記

2019/03/13 20:59:38
大人気の映画「スパイダーマン:スパイダーバース」はアカデミー賞☆
この映画の脚本家のフィル・ロードは言う。
〜この企画は良くないアイデアだと誰もが思ったが、同時に、うまく行くかもしれないとも思った…。

スパイダーマンの、新たなストーリーの展開に挑んだチームが感じたことである。



そんな脚本家の心配をよそに、「スパイダーマン:スパイダーバース」は、ゴールデン・グローブ賞アニメーション作品賞、アカデミー長編アニメーション賞を獲得する。

全世界に、新しいカテゴリーのスパイダーマンを確立させた。



今回の主人公は、シリーズでお馴染みのピーターパーカーではない。
マイル・モラリスというブルックリンに住む13歳の黒人の少年。
なかなか学校にも馴染めず、女の子にも声をかけられない、何処にでもいそうな普通の男の子。



彼が転校先の学校で出会った少女のグウェン。
実は、彼女もある秘密を抱えていた。



スーパーヒーローに憧れる男の子であるが、力強い父親と、優しい親から、なかなか自立できていない、発展途上のモラリスであった。





そんな時、自分の世界では死んだはずのピーターパーカーが、年老いたボロボロのスーパーヒーローとして現れる。



他にも、合計6人のスパイダーマンが登場する。
現在と違った次元(ユニバース)が存在し、その1つの次元に1人のスパイダーマンがいるのだ。

マルチバースというシステムの開発により、複数の次元が重なり合う。



しかし、このシステムが巨大化していくと、全てを壊す可能性もある。

6人のスパイダーマンが、力を合わせて戦いを挑む。



何故、世界の各地で絶賛され、数々の賞を受賞したのか…。

この映画を観れば、答えはすぐに出るはず…。

ただ、ただ、次の展開を見たい。
そんな、子どもの頃の、コミックを見るような没入感に浸ってしまう。

今回のスパイダーマンの繊細な動きを、MX4Dならではの動きに合わせて、感じ取ってほしい。

MX4Dと3Dのミックスは、東北ではムービーオンやまがただけとなるサービス。


春休み前の混み合う前に、早めにご覧いただきたい。




元記事:https://ameblo.jp/stokimori/entry-12446290525.html

ページトップへ