新加盟店

日記アーカイブズ

2010年10月一覧(26)

2010年09月一覧(5)

2010年11月一覧(20)

2010年12月一覧(23)


2011年01月一覧(27)

2011年02月一覧(24)

2011年03月一覧(30)

2011年04月一覧(29)

2011年05月一覧(25)

2011年06月一覧(21)

2011年07月一覧(24)

2011年08月一覧(30)

2011年09月一覧(18)

2011年10月一覧(25)

2011年11月一覧(24)

2011年12月一覧(27)


2012年01月一覧(29)

2012年02月一覧(27)

2012年03月一覧(27)

2012年04月一覧(27)

2012年05月一覧(28)

2012年06月一覧(30)

2012年07月一覧(29)

2012年08月一覧(29)

2012年09月一覧(28)

2012年10月一覧(29)

2012年11月一覧(28)

2012年12月一覧(31)


2013年01月一覧(28)

2013年02月一覧(26)

2013年03月一覧(23)

2013年04月一覧(26)

2013年05月一覧(25)

2013年06月一覧(28)

2013年07月一覧(26)

2013年08月一覧(23)

2013年09月一覧(26)

2013年10月一覧(27)

2013年11月一覧(25)

2013年12月一覧(24)


2014年01月一覧(25)

2014年02月一覧(22)

2014年03月一覧(24)

2014年04月一覧(27)

2014年05月一覧(24)

2014年06月一覧(24)

2014年07月一覧(26)

2014年08月一覧(26)

2014年09月一覧(22)

2014年10月一覧(22)

2014年11月一覧(23)

2014年12月一覧(27)


2015年01月一覧(23)

2015年02月一覧(21)

2015年03月一覧(26)

2015年04月一覧(22)

2015年05月一覧(20)

2015年06月一覧(23)

2015年07月一覧(20)

2015年08月一覧(19)

2015年09月一覧(17)

2015年10月一覧(17)

2015年11月一覧(20)

2015年12月一覧(18)


2016年01月一覧(22)

2016年02月一覧(25)

2016年03月一覧(24)

2016年04月一覧(29)

2016年05月一覧(30)

2016年06月一覧(27)

2016年07月一覧(28)

2016年08月一覧(29)

2016年09月一覧(27)

2016年10月一覧(30)

2016年11月一覧(26)

2016年12月一覧(27)


2017年01月一覧(28)

2017年02月一覧(24)

2017年03月一覧(28)

2017年04月一覧(28)

2017年05月一覧(29)

2017年06月一覧(28)

2017年07月一覧(29)

2017年08月一覧(28)

2017年09月一覧(27)

2017年10月一覧(27)

2017年11月一覧(27)

2017年12月一覧(29)


2018年01月一覧(30)

2018年02月一覧(27)

2018年03月一覧(30)

2018年04月一覧(29)

2018年05月一覧(24)

2018年06月一覧(27)

2018年07月一覧(31)

2018年08月一覧(27)

2018年09月一覧(28)

2018年10月一覧(28)

2018年11月一覧(27)

2018年12月一覧(23)


2019年01月一覧(26)

2019年02月一覧(23)

2019年03月一覧(20)

2019年04月一覧(24)

2019年05月一覧(24)

2019年06月一覧(27)

2019年07月一覧(26)

2019年08月一覧(27)

2019年09月一覧(25)

2019年10月一覧(26)

2019年11月一覧(18)


時森 ししん

自己紹介

関連店舗

MOVIE ON やまがた

  • 店舗/発信者情報
  • お知らせ一覧
  • お得・クーポン情報

時森 ししんさんの新着日記

2019/10/09 01:38:53
映画「JOKER」…いかにして巨大な悪のカリスマへと変貌したのか★
ただ、ジョークで世界に笑いを届けるはずだった…。


主演のホアキン・フェニックスと、監督のトッド・フィリップスによって、新たに書き換えられた1人の孤独な男 “ジョーカー” 



彼が、いかにして巨大な悪のカリスマへと変貌するにいたったか…。

ジョーカーの誕生の物語である。



ゴッサム・シティは腐臭を放っていた。

政治の機能不全、貧富の差の拡大、暴力と略奪、嘘と虚構…。

貧しい道化師、アーサー・フレック(ホアキン・フェニックス)には、不幸がまとわりついていた。

緊張すると笑いの発作が起きる脳の病気。
それが、さらに彼を追い詰めていく。



ビジランテ…私刑人。

バットマンについて語る際に、重要なキーワードとなり、バットマンの宿敵のジョーカーもまた、ビジランテである。

法律を無視して、罪人を私的に罰する者の意味。

その引き金である「感情の爆弾」こそ、低所得層のやるせなさや怒り、不幸の代弁者として、民衆の共感を得るのである。



そもそも、ジョーカーとは何者であろうか…。

この破天荒で、驚きの連続の映画を観終わった時に、その答えが見えてくるのかもしれない。

そして、笑顔の中にある、人間の本当の悪を感じるだろう。

それが、やたらと美しく、やたらと不気味であるのだ。

今、世界で最もフォーカスされている最高級の映画「ジョーカー」を、是非、劇場で観て欲しい!




元記事:https://ameblo.jp/stokimori/entry-12533927108.html

ページトップへ