新加盟店

日記アーカイブズ

2010年10月一覧(26)

2010年09月一覧(5)

2010年11月一覧(20)

2010年12月一覧(23)


2011年01月一覧(27)

2011年02月一覧(24)

2011年03月一覧(30)

2011年04月一覧(29)

2011年05月一覧(25)

2011年06月一覧(21)

2011年07月一覧(24)

2011年08月一覧(30)

2011年09月一覧(18)

2011年10月一覧(25)

2011年11月一覧(24)

2011年12月一覧(27)


2012年01月一覧(29)

2012年02月一覧(27)

2012年03月一覧(27)

2012年04月一覧(27)

2012年05月一覧(28)

2012年06月一覧(30)

2012年07月一覧(29)

2012年08月一覧(29)

2012年09月一覧(28)

2012年10月一覧(29)

2012年11月一覧(28)

2012年12月一覧(31)


2013年01月一覧(28)

2013年02月一覧(26)

2013年03月一覧(23)

2013年04月一覧(26)

2013年05月一覧(25)

2013年06月一覧(28)

2013年07月一覧(26)

2013年08月一覧(23)

2013年09月一覧(26)

2013年10月一覧(27)

2013年11月一覧(25)

2013年12月一覧(24)


2014年01月一覧(25)

2014年02月一覧(22)

2014年03月一覧(24)

2014年04月一覧(27)

2014年05月一覧(24)

2014年06月一覧(24)

2014年07月一覧(26)

2014年08月一覧(26)

2014年09月一覧(22)

2014年10月一覧(22)

2014年11月一覧(23)

2014年12月一覧(27)


2015年01月一覧(23)

2015年02月一覧(21)

2015年03月一覧(26)

2015年04月一覧(22)

2015年05月一覧(20)

2015年06月一覧(23)

2015年07月一覧(20)

2015年08月一覧(19)

2015年09月一覧(17)

2015年10月一覧(17)

2015年11月一覧(20)

2015年12月一覧(18)


2016年01月一覧(22)

2016年02月一覧(25)

2016年03月一覧(24)

2016年04月一覧(29)

2016年05月一覧(30)

2016年06月一覧(27)

2016年07月一覧(28)

2016年08月一覧(29)

2016年09月一覧(27)

2016年10月一覧(30)

2016年11月一覧(26)

2016年12月一覧(27)


2017年01月一覧(28)

2017年02月一覧(24)

2017年03月一覧(28)

2017年04月一覧(28)

2017年05月一覧(29)

2017年06月一覧(28)

2017年07月一覧(29)

2017年08月一覧(28)

2017年09月一覧(27)

2017年10月一覧(27)

2017年11月一覧(27)

2017年12月一覧(29)


2018年01月一覧(30)

2018年02月一覧(27)

2018年03月一覧(30)

2018年04月一覧(29)

2018年05月一覧(24)

2018年06月一覧(27)

2018年07月一覧(31)

2018年08月一覧(27)

2018年09月一覧(20)


時森 ししん

自己紹介

関連店舗

MOVIE ON やまがた

  • 店舗/発信者情報
  • お知らせ一覧
  • お得・クーポン情報

時森 ししんさんの新着日記

2018/09/22 13:42:58
天才脚本家の伊藤ちひろ作・小説「ひとりぼっちじゃない」
10年の歳月をかけて、書き下ろした初めての小説「ひとりぼっちじゃない」


映画の脚本家としては、数々の実績を残している伊藤ちひろ。



あの2004年公開の、行定勲監督作品「世界の中心で愛をさけぶ」の脚本を書いたのが、彼女が20歳の時である。


「春の雪」「遠くの空に消えた」「クローズド・ノート」「スカイ・クロラ」「今度は愛妻家」「女たちは二度遊ぶ」「パーティーは終わった」「つやの夜」「真夜中の五分前」「ナラタージュ」

そして、自分はとっても「伊藤ちひろらしい作品」と思っている「ショコラの見た世界」

すべて彼女の作品である。



伊藤ちひろさんとの出会いは、シネマコンプレックス・ムービーオン山形がオープンした2008年頃で、彼女が26歳くらい。
YMF山形国際ムービーフェスティバルにご招待した時と記憶している。
行定監督から紹介された。

「こんな若いのに、ちゃんと相手の心や、その場を取り巻く空間や時間の流れを、分かっている女性がいるんだ!」というのが、彼女の最初の印象であり、正直驚いた。

この時から、自分は「天才チヒ」と呼んでいるし、皆んなに紹介している。



彼女の才能は、様々な映画の作品からも読み取れるが、むしろ普段の会話や、彼女が考えにふけっている姿や、笑っている輝きからも伺えるのである。


小説を書きはじめた頃、昔からの夢をもう一度追えることに、とても喜んでいたの忘れられない。



執筆期間10年の間、何度も山形に来たが、YMFの最終日に、執筆が遅れているとのことで、ムービーオンの社長室をお貸しした事もあった。



そんな思い出があるあるので、この度の山形訪問と、彼女が「直接吉村さんへ渡したかった!」という本の重さは、まさに「夢の重さ」に感じたのである。
感激した。



2018年8月31日の初版発刊に合わせ、9月5日(水)に山形に入った伊藤ちひろさん。

翌日の9月6日(木)は、八文字屋さん、小松書店さんにご挨拶に伺う。



八文字屋さん。


小松書店さん。

本当に、急なお願いを聞いていただき、感謝申し上げる。



今、街中では、この伊藤ちひろ初作品「ひとりぼっちじゃない」を手にとる方が多い。


自分と同じ様に、あの切なくも温かいセリフを作り出す彼女が、どんな小説を書いてくれたのか…興味があるのだ。

そして、読み終えると…。


平凡であるように見えて不可解な日常。
歪んでいく人間関係、それでも生きていく意慾。

コミュニケーション障害の男性歯科医の歪んだ日常と、狂気の恋情。
伊藤ちひろが書き下ろした渾身の一作が「ひとりぼっちじゃない」である。



まだ、伊藤ちひろは、30代半ば。
どんな未来を描いているのだろう!


この作品を読みながら、彼女の才能が、さらに研ぎすまれていく喜びも感じた。

伊藤ちひろ、新たなる旅立ち…。

彼女の物語は、始まったばかりである。




元記事:https://ameblo.jp/stokimori/entry-12405688540.html

ページトップへ