新加盟店

日記アーカイブズ

2010年10月一覧(26)

2010年09月一覧(5)

2010年11月一覧(20)

2010年12月一覧(23)


2011年01月一覧(27)

2011年02月一覧(24)

2011年03月一覧(30)

2011年04月一覧(29)

2011年05月一覧(25)

2011年06月一覧(21)

2011年07月一覧(24)

2011年08月一覧(30)

2011年09月一覧(18)

2011年10月一覧(25)

2011年11月一覧(24)

2011年12月一覧(27)


2012年01月一覧(29)

2012年02月一覧(27)

2012年03月一覧(27)

2012年04月一覧(27)

2012年05月一覧(28)

2012年06月一覧(30)

2012年07月一覧(29)

2012年08月一覧(29)

2012年09月一覧(28)

2012年10月一覧(29)

2012年11月一覧(28)

2012年12月一覧(31)


2013年01月一覧(28)

2013年02月一覧(26)

2013年03月一覧(23)

2013年04月一覧(26)

2013年05月一覧(25)

2013年06月一覧(28)

2013年07月一覧(26)

2013年08月一覧(23)

2013年09月一覧(26)

2013年10月一覧(27)

2013年11月一覧(25)

2013年12月一覧(24)


2014年01月一覧(25)

2014年02月一覧(22)

2014年03月一覧(24)

2014年04月一覧(27)

2014年05月一覧(24)

2014年06月一覧(24)

2014年07月一覧(26)

2014年08月一覧(26)

2014年09月一覧(22)

2014年10月一覧(22)

2014年11月一覧(23)

2014年12月一覧(27)


2015年01月一覧(23)

2015年02月一覧(21)

2015年03月一覧(26)

2015年04月一覧(22)

2015年05月一覧(20)

2015年06月一覧(23)

2015年07月一覧(20)

2015年08月一覧(19)

2015年09月一覧(17)

2015年10月一覧(17)

2015年11月一覧(20)

2015年12月一覧(18)


2016年01月一覧(22)

2016年02月一覧(25)

2016年03月一覧(24)

2016年04月一覧(29)

2016年05月一覧(30)

2016年06月一覧(27)

2016年07月一覧(28)

2016年08月一覧(29)

2016年09月一覧(27)

2016年10月一覧(30)

2016年11月一覧(26)

2016年12月一覧(27)


2017年01月一覧(28)

2017年02月一覧(24)

2017年03月一覧(28)

2017年04月一覧(28)

2017年05月一覧(29)

2017年06月一覧(28)

2017年07月一覧(29)

2017年08月一覧(28)

2017年09月一覧(27)

2017年10月一覧(27)

2017年11月一覧(27)

2017年12月一覧(29)


2018年01月一覧(30)

2018年02月一覧(27)

2018年03月一覧(30)

2018年04月一覧(29)

2018年05月一覧(24)

2018年06月一覧(27)

2018年07月一覧(31)

2018年08月一覧(27)

2018年09月一覧(28)

2018年10月一覧(28)

2018年11月一覧(27)

2018年12月一覧(23)


2019年01月一覧(26)

2019年02月一覧(23)

2019年03月一覧(15)


時森 ししん

自己紹介

関連店舗

MOVIE ON やまがた

  • 店舗/発信者情報
  • お知らせ一覧
  • お得・クーポン情報

時森 ししんさんの新着日記

2019/03/22 23:59:42
「政治とは何か?」…あれから17年、父を想う
先日、県議会議員をしている弟の県政報告会を覗いた。



県議会議員選挙で、合わせて6回当選した父。
4期目が終わった時、父は山形市長選挙に立候補した。
その後、3回続けて立候補したが落選し、また県議会議員選挙に戻る。
その選挙では、山形県政初の24000票を超える得票を得たのである。
合わせて6回当選し、全てトップ当選だった。

本人は県議会議員で終わるつもりでいた。


しかし、相手候補の山形市政が大混乱したのである。

市役所の市長室での現金の受け渡し容疑により、当時の秘書課長が山形県警に逮捕され、父と選挙で戦った市長が突然辞任という異常事態となり、父に4度目となる市長選出馬の要請が来たのである。

その結果、父は、山形市長選挙で大差で当選を果たし、69歳という遅咲きの市長が誕生したのである。


多くの良識ある方々と共に、山形市政の職員の逮捕に端を発した暗雲に、終止符を打ったのであった。



その父は、その後3年半で、現職のまま他界する。

中心商店街の松坂屋百貨店が立ち行かなくなった時、当時の高橋和夫山形県知事と財政出動をし、松坂屋百貨店のフロアを県と市でシェアをした。
民間も協力した記憶があり、官民一体となって支えたのである。

それによって、松坂屋はナナビーンズと名前を変えて生き続け、その周辺の個店も経営を続けられたのである。


町づくりをはじめ、農業や教育、地場産業と中心市街地の活性化などに力を注ぎ、山形市を誰よりも知っていた分だけ、誰よりも手が届いたのであった。



父は、国会で17年間、国政秘書をやっていた関係で知人友人も多かった。

座右の銘の「分甘共苦」は大野伴睦先生、「一志如鉄」は福田赳夫先生からいただいた言葉である。



父が亡くなった時、弟は29歳、自分は42歳であった。

あっという間の17年。
時代は、平成から新しい年号の時代に変わろうとしている。



弟の県政報告会で驚いたこと。

父の同級生や、父の講演会の方々が、今もってご健在なのである。

思わず嬉しくなった。

その方々へ、父を投影せずにはいられない。

生きている時は、反発もあり、同時に照れ臭さもあり、父の存在は自分にとって何だったのか、良く分からなかったと思う。
すべてを知っていたような一体感もあったが、実は客観的にはキチンと評価していなかったのかもしれない。
依存と自立のアンビバレンスの中、様々な葛藤もあった。

今想うに、やはり父は魅力的な人であった。

吉村家の葬儀に4200人、山形市民葬に1300人が弔問に訪れてくださる。

亡くなった時に、その人の生きてきた評価が決まると思う。
評価は自分でするのではないのである。


ジョン・F・ケネディは、戦争ではなく平和を説き、支配ではなく自由を説き、差別ではなく平等を説いた。

政治とは何か?
主権在民とは何か?

平成最後の統一地方選挙。
もう一度、原点に立ち返る時なのかもしれない。



元記事:https://ameblo.jp/stokimori/entry-12448696333.html

ページトップへ