新加盟店

日記アーカイブズ

2010年10月一覧(26)

2010年09月一覧(5)

2010年11月一覧(20)

2010年12月一覧(23)


2011年01月一覧(27)

2011年02月一覧(24)

2011年03月一覧(30)

2011年04月一覧(29)

2011年05月一覧(25)

2011年06月一覧(21)

2011年07月一覧(24)

2011年08月一覧(30)

2011年09月一覧(18)

2011年10月一覧(25)

2011年11月一覧(24)

2011年12月一覧(27)


2012年01月一覧(29)

2012年02月一覧(27)

2012年03月一覧(27)

2012年04月一覧(27)

2012年05月一覧(28)

2012年06月一覧(30)

2012年07月一覧(29)

2012年08月一覧(29)

2012年09月一覧(28)

2012年10月一覧(29)

2012年11月一覧(28)

2012年12月一覧(31)


2013年01月一覧(28)

2013年02月一覧(26)

2013年03月一覧(23)

2013年04月一覧(26)

2013年05月一覧(25)

2013年06月一覧(28)

2013年07月一覧(26)

2013年08月一覧(23)

2013年09月一覧(26)

2013年10月一覧(27)

2013年11月一覧(25)

2013年12月一覧(24)


2014年01月一覧(25)

2014年02月一覧(22)

2014年03月一覧(24)

2014年04月一覧(27)

2014年05月一覧(24)

2014年06月一覧(24)

2014年07月一覧(26)

2014年08月一覧(26)

2014年09月一覧(22)

2014年10月一覧(22)

2014年11月一覧(23)

2014年12月一覧(27)


2015年01月一覧(23)

2015年02月一覧(21)

2015年03月一覧(26)

2015年04月一覧(22)

2015年05月一覧(20)

2015年06月一覧(23)

2015年07月一覧(20)

2015年08月一覧(19)

2015年09月一覧(17)

2015年10月一覧(17)

2015年11月一覧(20)

2015年12月一覧(18)


2016年01月一覧(22)

2016年02月一覧(25)

2016年03月一覧(24)

2016年04月一覧(29)

2016年05月一覧(30)

2016年06月一覧(27)

2016年07月一覧(28)

2016年08月一覧(29)

2016年09月一覧(27)

2016年10月一覧(30)

2016年11月一覧(26)

2016年12月一覧(27)


2017年01月一覧(28)

2017年02月一覧(24)

2017年03月一覧(28)

2017年04月一覧(28)

2017年05月一覧(29)

2017年06月一覧(28)

2017年07月一覧(29)

2017年08月一覧(28)

2017年09月一覧(27)

2017年10月一覧(27)

2017年11月一覧(27)

2017年12月一覧(29)


2018年01月一覧(30)

2018年02月一覧(27)

2018年03月一覧(30)

2018年04月一覧(29)

2018年05月一覧(18)


時森 ししん

自己紹介

関連店舗

MOVIE ON やまがた

  • 店舗/発信者情報
  • お知らせ一覧
  • お得・クーポン情報

時森 ししんさんの新着日記

2018/05/24 11:22:37
IWC2018「SAKE部門」やまがた審査会・山形金賞17銘柄で全国最多

5月12日(土)から5月20日(日)までの9日間にわたり、山形県において、IWC2018「SAKE部門」の審査会が行われた。

山形県の酒蔵が、過去最多となる3つのトロフィーを受賞するとともに、金賞受賞数は17銘柄に上り、5年連続日本一となる。

改めて、山形県産酒の品質の高さが評価された。



トロフィー酒は、以下の3銘柄。

麓井酒造(酒田市)純米吟醸・「フモトヰ純米吟醸山田錦」

東北銘醸(酒田市)本醸造・「初孫  伝承生もと」

加茂川酒造(白鷹町)古酒・「貴醸大古酒  古時計」

さらに金賞を17銘柄が受賞した。



以前から、「山形県のGI…地理的表示」や「IWCの山形県での開催」に、精力的に活動されていた、山形県工業技術センターの小関敏彦元所長や、出羽桜酒造の仲野益美社長ら酒造関係者の皆さんの「世界一の誇り」と「歴史や文化、自然や風土へのこだわり」に、心より敬意を表したいと思う。

期間中、多くの外国からの来客が山形を訪れ、その歴史や文化などの風土が培った「酒」を、理解していただいたことも、山形県の食文化の価値に、大きな意義を刻んだと思う。

関係者の皆様のご尽力は、山形県のブランド力を高めてくださったと確信する。


数日前、アルコールを飲めない自分であるが、トロフィー酒を一口飲んだ…。

その感動は、これから味わう方々も、同様に感じるのであろう…。
自分の安っぽい言葉をはるかに凌ぐものであるので、自分の感想は書かないでいたい。


市場では売り切れ続出、なかなか手に入らないらしい。
素晴らしい現象が、今、山形の酒造界で起きているのだ。




元記事:https://ameblo.jp/stokimori/entry-12378317674.html

ページトップへ